「赤鬼」2020

大変にお久しぶりの投稿となってしまいました。。。

COVID-19が猛威をふるい、

あっけなく、すっかりと、世界は変わってしまいましたね。

およそ2ヶ月にわたる自粛期間を経て、

現代のネット社会のテクノロジーがあることで

日本全国の方と画面越しに繋がれることにありがたみを覚えつつ(デビュー時からの恐怖は消えないけど)、

それでもやっぱり、生で、直に、触れ合えること

体感できることの素晴らしさを思い知った気がします。今はまだ無理でも。

しかし本日、東京は1日で240人超えという過去最多の感染者数を出してしまい

また難しい局面をむかえてしまっているんだな、とその数値に驚くばかりです。

そんな不安や不信がたくさんあるこの世の中ではありますが、

無事開演できることを祈って、舞台出演のお知らせをこちらで改めて。

____________________________________________________

野田戯曲の傑作、

自身の演出で17年ぶりの国内公演

赤鬼

作・演出 野田秀樹

東京芸術劇場 シアターイースト

https://www.geigeki.jp/performance/theater240/

公演日程・出演(五十音順)

A team :

7/24(金)19時 7/25(土)14時 7/26(日)14時 7/27(月)19時 7/28(火)19時

池田遼 織田圭祐 金子岳憲 木山廉彬 河内大和  佐々木富貴子 末冨真由 扇田拓也 夏子  八条院蔵人 花島令 広澤草 深井順子 藤井咲有里 間瀬奈都美 三嶋健太  森田真和

B team:

7/30(木)19時 7/31(金)19時 8/1(土)14時 8/2(日)14時 8/3(月)19時

秋山遊楽 池田遼 浦彩恵子 織田圭祐 加治将樹 金子岳憲 佐々木富貴子 末冨真由 扇田拓也 八条院蔵人 花島令 広澤草 深井順子 藤井咲有里 間瀬奈都美 三嶋健太  森準人 

C team:

8/6(木)19時 8/7(金)19時 8/8(土)14時 8/9(日)14時 8/10(月・祝)14時

石川朝日 石川詩織 上村聡 川原田樹 近藤彩香 白倉裕二 谷村実紀 手代木花野 能島瑞穂 的場祐太 水口早香 モーガン茉愛羅  茂手木桜子 八木光太郎 吉田知生 竜史 六川裕史

D team:

8/12(水)19時 8/13(木)19時 8/14(金)19時 8/15(土)14時 8/16(日)14時

石川朝日 石川詩織 上村聡 北浦愛 近藤彩香 白倉裕二 谷村実紀 手代木花野 能島瑞穂 松本誠 水口早香 茂手木桜子 森田真和  八木光太郎 吉田知生 吉田朋弘 竜史 

上演時間:約90分(休憩なし)/ 開場は開演時間の45分前

【チケット料金】 整理番号付自由席(税込) ※当日の入場は整理番号順となります。

前売一般5,000円/65歳以上4,500円/25歳以下3,500円/高校生以下1,000円

当日一般5,500円

※未就学児入場不可 

※65歳以上・25歳以下・高校生以下チケットは、劇場ボックスオフィスで前売のみ取扱い(枚数限定・要証明書)。

※ご入場の際には、十分に間隔をとって整列ご入場いただきますので、入場に時間がかかる可能性があります。お早目に劇場にお越しくださいますよう、お願い申し上げます。

※客席でのソーシャル・ディスタンス確保のため、ご案内できるお席を一部制限しております。

【チケット発売日】

 ・劇場先行(WEB先着): 7月4日(土)10:00~7日(火)23:59

 ・ぴあ先行(WEB先着): 7月5日(日)10:00~7日(火)23:59

 一般発売 7月11日(土)10:00~

【チケット取扱い】

●東京芸術劇場ボックスオフィス

WEB https://www.geigeki.jp/t/  ※24時間受付(メンテナンスの時間を除く)

電話 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)

※一部携帯電話、PHS、IP電話からは、ご利用いただけません。

窓口 営業時間:休館日を除く10:00~19:00 

●チケットぴあ

https://pia.jp/t/geigeki

●イープラス

https://eplus.jp/geigeki/

ファミリーマート店内 Famiポート

●ローソンチケット

https://l-tike.com/

ローソン、ミニストップ店内Loppi(Lコード:32014)

_______________________________________________________

私はBチームの出演で 7/30 – 8/3 が本番となります。

「あの女」という役で、こんな(?)役名ですが

恐縮ながらヒロイン的な立ち位置を仰せつかりました。

この「赤鬼」という作品、初演は1996年、

当時は野田さんを含んだ四人芝居で上演されたそうです。

なんとまぁ。。。信じられない。すごすぎる。

今回は東京演劇道場メンバー17人で、ひとチームを創り上げています。

20年以上の時を経たとは思えない作品の力強さ、鮮やかさ、

問題のえぐり取り、悪い意味では、こんなに変わらなくていいのか、世の中。

なんとも悩ましい、考えさせられる、素晴らしい作品に

野田さんの御指南のもと、素敵なチームの方々と

携わることができて光栄に思っております。

毎日いっぱいいっぱいだけどサ!笑

今回の「赤鬼」オフィサルサイトに野田さんが寄せた

直筆メッセージにとても力強い言葉がありました。

「表現」は、恐怖心とは、また別の、人間が誇るべき「精神の暴発」だからである。

https://www.geigeki.jp/performance/theater240/

自粛の中で溜め込んだ精神の暴発を、表現を楽しむ気持ちを忘れずに

力強く、演じていく所存です。うん。

大変な世の中ではありますが、こんな時代だからこそ観ていただきたい作品です。

ウィルス対策を講じた劇場に、ぜひ足を運んでくださると嬉しいです。

2020年7月10日 浦 彩恵子

Q→J

明けましておめでとうございます。

と言うには遅すぎる、

しかし一応ギリギリ1月中であるという言い訳をしている

本日1/31の浦彩恵子です。

今年もどうぞ宜しくお願い申し上げます!

2019年は、初参戦させていただきましたNODA・MAP公演、

「Q ; A Night At The Kabuki」の大千龝楽を12/11に無事迎え、

まだTシャツが汗ばむ、ってか汗だくの時期からコートに変わるまでの約3ヶ月半と、

ここまで長期にわたり毎日顔を突き合わせて力を合わせて

最後の最後、あーやりきったなァ!って思えたことって

正直初めてなんじゃないかな、と思えるくらいな経験をさせていただきました。

ある意味、青春の部活みたいな。

お金をいただきますのでお仕事なんですが、大人の青春生活。

そんな野田さん率いる、冷静ながらも情熱にあふれる

濃密な第一線の現場に微力ながら携われたこと、

今改めて振り返るととても嬉しく思います。

ちょっと誇っちゃう。笑

にしても、巷でちょっと前から話題の「ロス」ってやつ!

まさか私もなるとはー。

まぁ、私の場合、ロスっていうか「オチ」ちゃったんですけど。笑

『Q』という運命や愛、そして戦争のことを考えさせてくれた素晴らしい作品と、

それを創作している周りのキャスト、スタッフのみなさんの凄さとかリスペクトを生で感じて、

自分のちっぽけさとか至らなさとか公私にわたる煩悩だとか愚かさをいろいろ痛感してしまって。

終わって約1ヶ月、人に非ず、でした。

本気で猫になりたかった。だからすんごい、無理やりにでも寝てた。笑 (猫に失礼だけど。)

まぁ小説や映画じゃないんだからそんなんで猫になるわけもなく、(当たり前だ!)

おクリスマスもお正月も

「祝うなんて気分じゃねぇよ、何がおめでとうだコンニャロメ。」

と腐りに腐って日々、旦那に迷惑と心配と負担(主に迷惑)をかけてしまっておりました。

が、1/7を境に、よくわからない自分ってやつを少しずつ取り戻し、(構築し直し?)

音楽と小説と友達と猫といい感じにほっといてくれる旦那のおかげで今はとっても元気!(ありがたいことだ。)

波が激しくてねー、今までも何回か大きいそういうのあっちゃったんですけど、

今回はあまりお酒に頼らなかったから、一番いい立ち直り方かもしれない!

やっと大人になれたのかな?

いや、たぶんそんなことはない。←またいつかアノ波が来た時の予防線を張っている、こういうところがダメなのだ

ま、悲しくシクシクと生きるより、

無理なくケラケラと毎日生きれたほうがいいもんね!

思考することはとても大事だし大切にしたいことだけど、

みなさんも私も思い悩み過ぎないように、

心健やかに感謝を忘れないよう生きていきましょうね!

「Q」を観に来て下さったみなさま、

観に行けなかったけど私を通して興味を持ってくれたみなさま、

本当にありがとうございました!!

話が長くなっちゃったけど、ここからが本題!

Q出演決まったりで、大変お待たせしておりました!

ってか忙しさにかまけて7月からHP更新してないとかやべー!

たまーに覗きに来てくれてる方、もし居らしたらごめんなさい!

旧ファンクラブ会員様を中心に昨年からご案内しておりました

ライブイベントの開催決定にようやくこぎつけました!

応援してくれているみなさまのご協力もあり、

日にちも、そしてそれに伴いタイトルも昨日決定!

「JUNK VOX」 2/29(土) 17:30open 18:00start!

2007年リリース 
宇浦冴香時代の 
Full Album「Juke Vox」 
2011年リリース 
Cherie(ちぇりー)時代の 
Full Album「JACK」

時に迷い 
ふらつきながらも 
一歩一歩踏みしめてきた 
音楽の道、 
芝居の道、 
人生の岐路、 
エトセトラ。

記憶に、心に刻まれている 
誇れるタカラモノも 
あの日のオトシモノも 
すてきなガラクタ(JUNK)もすべて 
私というイレモノ(BOX)の中に在る。 
そんな歪だけど楽しいおもちゃ箱を少しでも 
応援してくれているみなさまと 
共有して直に感謝を伝えたい!

そんなライブイベントにすべく 
「JUNK VOX」 
と名付けました。

Juke × JACK = JUNK 
という言葉の音遊びも込めて。 
そして 
LIVEこそ、歌うことこそ、 
私が一番に伝えたいことだから 
BOX→VOX(声,音声) 
としています。

我ながらとても満足のタイトルが思いつけました!エッヘン!

みなさまにもお気に召してもらえるような、ライブイベントにできるよう

全力で楽しく準備していきたいと思っています!

そして気が早いけど大成功に終わった暁には

今後、不定期でも継続していけるイベントになったら嬉しいことこの上ないですね!

旧ファンクラブ 
「宇浦藩」 
「Jam Cherie」 
会員様優先のご案内となりますが、 
会員以外のどなた様でも 
応募の先着順にてご参加いただけます!
(※15-20名様の人数制限あり)

ご予約/ご応募はこちらのサイトより

明日2/1(土) 正午から受付開始です!

https://tiget.net/events/84008

応援してくれる大切なおひとりお一人とまず乾杯をして、

ゆったりとトークもライブもしたいと思ったので

人数制限を設けさせていただきました。

Twitter上にて日にち投票やコメントして下さった

みなさまとお会いできますことを楽しみにしております!

ご予約、心よりお待ちしております!

2020年1月31日 浦 彩恵子

NEWス:Q

BIG NEWSです。

大げさに言いたくないですケド、

安住アナそういうので苦言呈されてましたケド、

これは私にとってとんでもなく

ビッグなNEWスです。

メジャーデビュー決まった時と

稲葉さんにプロデュースしていただいた時に次ぐ

人生の一大事です。

NODA・MAP第23回公演

野田秀樹さんが作・演出を手がけます新作舞台

『 Q: A Night At The Kabuki 』

にアンサンブルとして出演することが決定しました…!

NODA・MAPですよ、あの!!!!!

野田地図ですよ、アノ…!!!!!

し・か・も・・・!

Inspired by 「A Night At The Opera」QUEEN

ですよ!!!!!

ヤベーヨ!!!!!OMG!!!!!

野田秀樹さんのコメントによりますと

クイーンの周辺から野田秀樹さんにお話が来て、

そしてマジクイーンが野田秀樹さんに「OK, GO」とお返事きたそうですよ!

ちゃんとした経緯のコメントは是非こちらの公式サイトを

ご覧ください..,!

https://www.nodamap.com/site/news/400

しかも見て・・・!!!!!

Brian Mayさん直々のコメントも載ってるよ・・・!!!!!

ナンテコッター!!!!!パンナコッター!!!!!←おばか

このアンサンブルとしての出演のお話が

不肖ワタクシめの元に舞い込んだ時は

もう本当に手の震えが止まりませんでした,,,,,,

武者震い。ブルブル。

錚錚たる出演者、役者さん達の中で、

もまれ、もがいて、

全てを自身の血と骨と力として、

文字通りの全力で臨みたいと思います。

夢は叶うんだ!

そんな浦彩恵子は、

昨夜、実兄と稲葉浩志師匠のLIVEに行ってきました。←浮かれるな(Rain&Dream)

B’z LIVE GYM -Whole Lotta NEW LOVE-

!!!!!

もう筆舌に尽くしがたい。否、尽くせない。

私もNEW LOVE、NEW PLACEに挑戦致します。

SHOW MUST GO ON!!!!

やるぞ。

憧れ。

6月になりました。

もう2019年も折り返し。月日が経つのは本当に早い。

悲しくてやりきれないニュースが続いてます。

日本でも、世界でも。

何もできない、何も言うべきでないかもしれない、

ちっぽけなわたしですが、

失われるべきじゃなかった存在すべてに

今も苦しみ、悲しみ、それでもこの世界を生きる人々に

心から祈りを捧げます。

先週5/26、快晴の土曜日、素晴らしいライブを堪能しました。

木村充揮さんと近藤房之助さん…!

もうこれは言葉にできるものではないのです。

どんなライブもそうですが、

その目で見てその耳でその身体で聴いた人にしかわからない!

この日に関して言葉にするのは野暮なので、

私がなぜ近藤房之助さんに憧れているかの小咄でもひとつ。

一緒に写ってるのは最近仲良くさせてもらってるBARのオーナーさんデス!

15歳当時、私が芸事の世界に入った最初のきっかけは

モデルとして受けたオーディションでした。

剣道しかやってこなかったチンチクリン中坊の私。

いつも体操服か道着か制服で、オシャレなんてよくわからないし、

正直めちゃめちゃダサかったですね…。思い出すと恥ずかしい…!

そんな私ですが、剣道夏の最後の大会で、

とある方に、とある傷つくことを言われ、

剣道推薦で高校に行くという手もあったんですが、

すっかりやる気を失くしてしまっていました。(一応部長で大将だったんです笑)

市の選抜にも選んでもらってはいたんですが、

高校で続ける気もないのに、修練する意味も見つけられず、

推薦をやめたことにより出遅れた受験勉強もしなきゃいけず、

なんだかなぁと無気力な割に、やらなきゃいけないことは多々。

そんな時、母に「私高校で何しようかな」と相談したら、

「あんた身長あるんだからモデルとかやってみたら?」と言われ。

(母はインターナショナルスクールで教師をしていて、生徒さんにハーフモデルさん達がいらしたのもあってそのようなアドバイスが出てきたんです。)

「えーー無理でしょーー」と言いつつ好奇心は旺盛な方なので興味はなんとなくあり…。

オーディション雑誌を買ってきてくれた母と一緒にそれを冷やかし程度に眺めながら

「いろんなオーディションがあるんだねぇ」なんて話しておりました。

しかも、その雑誌のトップページにあったのが、

『あなたもパリコレデビュー!』

なんてもの凄いのが書いてあるもんだから、

「ひょえー。世界が違うー。いっちばん後ろページの小さく募集してる読者モデルさんのやつにダメ元で応募しといてー。稽古行ってくるわー。」

と伝えて母に一任しておりました。

帰ってきた私に母が言ったのは「パリコレのやつ応募しといたよー」

「は????」

「何考えてるの??」

まぁびっくりですよね。

そしたら書類審査通って、さらにびっくりですよ。

ちょっと未だに母のこの行動に関しては理解不能なんですが、

結果オーライで感謝してます。笑

とまぁ長くなるんでいろいろ省きますが、

(←ちなみに第2次オーディション日がまさかの剣道の市選抜大会ともろかぶりする、という二者択一事件もあったりしました。笑)

そりゃもちろんパリコレなんて大それたものではなく、

若手育成的なところで人材を探してたんですね、事務所さんが。

それにうまいこと乗っかれたワケなんです。チンチクリンが。

ありがたい話です。そこから10年以上にわたりお世話になりましたからね。

書き出すと長いなー、この話。笑

よければもう少しお付き合いくださいね。笑

と、まぁ学生モデルやってたんですけど、

仕事はすごく楽しいんだけど、まぁ合わない、見合わない!

元々がコンプレックスの塊ですからね。

綺麗で、可愛い人たちに圧倒されちゃってされちゃって。

今より10kgぐらい体重落ちちゃってましたよ。はっはっはっ。

とモデルやりながらですね、女優さんやタレントさんもいる事務所でしたので、

いろいろ挑戦はさせてもらえてたんですよ。

コンプレックスの塊の癖に好奇心は人一倍ですからね、

なんでもやりました。その中に歌があったんですよね。

当時は邦楽のカバーとかを、小さなライブハウスで、前座で1曲とか

歌わせてもらってたんですけど。

これが楽しい楽しい!

ヘッタクソだし聞けたもんじゃなかったと思うんですがね、

「お人形さん」じゃなくて「私」でいられることが楽しくて嬉しくて。

歌っていいなぁと思ったんです。

あ、決してモデルさんをバカにしてませんよ!

私がメンタルの弱いダメモデルだっただけなんです。

本当素敵な人だー、そりゃ売れるわなー、なんて思える

今でも雑誌やTV、映画などの第一線で活躍されてる方々と

一瞬でもご一緒できたことは、今振り返ると勝手に誇らしかったりします。笑

まぁそんな中でレコード会社のオーディションの話があったんですね。

好奇心でまた受けるワケですよ、ダメ元でもー、ってね。

そしたらまた運良く受かったんですねー。本当びっくり。青天の霹靂。

でもここからが問題なのですよ。

カバーしかやってきてない、素人に毛が生えたような私が、

じゃあ何を音楽で表現するの?っていうかできるの?って。

困った困った。不安しかない。

そんな中、私を見出してくれたレコード会社の社長さんが見せてくれたのが

「近藤房之助さんのライブDVD」

当時16歳の青臭いガキンチョが何を言うか、って感じですけど、

涙でました。感動で。

悲しいんじゃなくて泣くのは初めてのことでした。

こんなにも全身で、音で、あらゆる感情を、

「楽しい」を表現できる人がいるんだ、って。

まさに音楽ですよ、本当。

好きで好きでしょうがない、楽しくてしょうがない、そんな姿に

心が揺さぶられました。心が勝手に巻き込まれました。

−−−私も、こうなれるかもしれないチャンスを、今与えてもらったんだ−−−

そう思いました。

今だに全然無理だけどー!!!!!!!!!!!

そんなこと言うことすら恐れ多いけどーーーー!!!!!!!!

でも最近は本当に心の底から、

歌うこと、表現することが

楽しくて楽しくてしょうがないんですよね。

やっと、なのかな。笑

母よ、親バカ(?)のミスで書類を送ってくれてありがとう。

Kさん、チンチクリンの私を周りの反対を押し切って見初めてくださってありがとう。

Nさん、声が高いということだけで可能性を見出してくださってありがとうございます。

Oさん、10年以上にわたり可愛がってくれて、育ててくれて、本当にありがとうございました。

そして今日もこんな私を応援してくれる皆みなさま、

本当に本当にありがとう!!!!!!!

見守ってくれているみなさんの為にも、

いつか近藤房之助さんに焼き鳥屋で1杯奢らせてもらえるようになる為にも、

まだまだ頑張らなきゃ、ネ。

そんなウランちゃんですが、

8/7(wed) バンドRum Shut Boo!のワンマンライブ、

高円寺で決定しました!!楽しみだー!!

そして。

旧FCの会員のみなさま、ごめんなさい。

遠方の方もいらっしゃるので、

私の理想は土曜にラムしゃぶワンマン、

翌日曜にファンミーティングイベント(LIVE+飲み会)開こうと画策してたんですが、

どうしてもスケジュール的に難しくなってしまい、

ワンマンライブ平日開催となってしまいました…。申し訳ないです。。。

日を改めまして、期間を設けまして、

秋〜冬あたりでファンミーティング開催しようと思っております。

度々の変更本当にごめんなさい!

ダメ藩主ですが、見捨てないで!><

あーーー話長くなっちゃった!

最後までお付き合いありがとうございました!

明日から、(新婚ではないけど)新婚旅行いってきます!

Europeに雪駄つっかけてこー!

2019年6月2日 浦 彩恵子

29 anotherside

銀座にありますBAR RIZNにて、全8日間で開催致しました

益田太郎 浦彩恵子 Photo Exhibition 29 anotherside

ご来場いただきました皆様、本当にありがとうございました!!!

4/6[BAR URAN THIRTY]にて同時開催してもらった

写真展「29」からつづくストーリー「anotherside」

撮影日から含めて約2ヶ月間。

最高の時間でした。

私のかき回し無茶ぶりに付き合ってくれて、

最後の最後まで妥協せず、

私の想像なんか及ばないほど自分自身と向き合いながら

作品、空間を創作してくれた益田太郎に改めて感謝と賛辞を…!

そしてこれまた私の思いつきの被害者w

BAR RIZNのオーナー/バーテンダーの中村剛さん、

素敵な場所と時間と会話と飲み物を快く提供してくださり

本当に本当にありがとうございました!

この写真は30歳になり、ライブイベント[B.U.T.]を終えて、

太郎にすぐ撮影してもらいました。

たった数日、たった数時間で人って変われちゃったりするんだな、と

私としても心の変化をものすごく感じた撮影でした。

もちろんのこと、その変化は[B.U.T.]に来てくれた皆様や

日頃から支えてくれるみなさまのおかげなのです。

本当にありがとう。

良くたって悪くたって、進化だって退化だって、

日々、イチ表現者として変化していきたいと思います!

そんな私をこれからも見ていてくれると嬉しいな。

令和元年 五月十六日 浦 彩恵子

“but”

北は秋田から、南は福岡まで、

4/6 [BAR URAN THIRTY]へ

ご来場いただいた一人一人のみなさま、

本当に、本当に、ありがとうございました。

なんて私は幸せモノなのだろう、と

1週間経った今もずっと続いている、沁みわたっているあたたかなこの気持ち。

17歳でデビューした宇浦冴香時代-レーベル移籍Cherie時代から

今も変わらずずっと応援してくれている一人一人、

舞台やライブイベントで私のことを知ってくれた一人一人、

親友、仲間、家族一人一人、

たくさんの良心と愛に支えられて生きていられるこの瞬間に、

本当に感謝してもしきれません。ありがとうございます。

約4年前、フリーで活動していくきっかけとなった結婚。

もともと少なかった自信を一気に失い、

みなさんを裏切り、不義理をしてしまった後悔に苛まされた日々。

傷つけてしまった事実が変わるわけではないけれど、

今回の[BAR URAN THIRTY]でそんな心の澱を

みなさまのおかげで成仏させることができた気がしています。

まだ何も伝えられていない方もいます。

お心を離れさせてしまった方もいるでしょう。

そんな一人一人と、今回足を運んでくれたみなさまに何度でも、

「ごめんなさい」とそれ以上の「ありがとう」を贈らせてください。

「夢中で追いかけるほど 遠くへ逃げてゆく甘い果実

あきらめない姿をはじめて 見てほしいと願っているよ

とびこんでゆこう きみがいつかいなくなるとしても

もう誰も責めないと誓い 見上げた空はどこまでも青い」

Juke Vox収録曲 B’zの稲葉浩志さんに頂戴しました

「果実」の精神を胸に。

謙虚に、しかしハングリーに。

驕らず、でも決して卑下はせず。

強く笑って、そっと生きていきます。

歌い続けます。

叫び続けます。

表現し続けます。

今までの私も、これからの浦彩恵子も

みなさまにどうぞ見守っていただけますように、

応援してくれるみなさまの愛に見合う人間として生きられるよう

最大限努力していきます。

でも基本が酒飲みナマケモノだから

たまーに甘えちゃうかも、です。(←ダメ人間!)笑

[BAR URAN THIRTY]

本当に本当にありがとうございました!!!

来てもらえるだけで感謝なのに、お花や誕生日プレゼントもこんなに…!

ありがとうございました!!泣いちゃう!!

そして飲んじゃう!笑

本当にありがとう。

そしてそして!

声を大にしてお知らせしたいことが2つあります…!

まず、今回私が書き下ろしました新曲の “but” ですが、

“iTunes” などの音楽サイトにてデータ配信することを決定しました!

本来はライブやイベントで直接お話して、このご時世だからこそCDという

カタチあるモノとしてご購入いただけたら嬉しいな、

と言う気持ちが私としては強いのですが、

実際問題として遠方の方もいらっしゃいますし、

お心に甘えて負担ばかりかけたくないですし、

Twitterなどでも「B.U.T行けなかったけど曲が聴きたい」

と何ともありがたいことを言ってくれる方もいらっしゃったので

これは出し惜しみしている場合じゃないぞ、と配信手続きを踏みました!

何より私としてもぜひ聴いていただきたい作品ですので…!

明日4/15(Mon)〜配信スタートです!

ご興味少しでも持ってくれた方はぜひダウンロード宜しくお願い致します!

そして私こだわりの渾身のデザインで作りました

紙ジャケの “but” CD。

引き続きライブやイベントなどで販売いたしますので

こちらもぜひ興味持ってもらえると嬉しいです…!

結構かっこいい、と、思っているよ…!笑

カップリングのRum Shut Boo!オリジナル曲「RSB -完全放牧live ver.-」も

ぜひ聴いてほしいので…!宜しくお願いします!

そして大事なお知らせがもう1つ…!!

今回のB.U.Tでは親友でカメラマンの益田太郎に写真展「29」を

同時開催してもらっておりました!

だがしかし…!

やりたいこと詰め込みすぎて一番楽しみにしていた私が

全然見られなかったの…!(慟哭)

というわけで太郎にお願いしちゃいました。

期間を設けてもう1回開催して…! と!

「いいよ」

だってさ…!(狂喜)

しかもね。

「一度やったものをまた同じにはやらないよ」

と何とも素晴らしきアーティスト心で私の甘えを一蹴されました。

装いも新たに、場所も新たに、

平成最後の 4/30(Tue) から、

新時代 令和の 5/11(Sat)まで、

銀座にありますBAR RIZN(ライジン)にて開催します!

開場時間などの諸々の詳細はまた後日発表いたします。

開催中は(ちなみに5/4 – 5/6はお休みです)

毎日私もBARに赴きますので、

顔見がてら、お話がてら、観に来てくれると嬉しいなーと思ってます…!

とはいえ遠方の方ごめんなさい。

こんなすぐのタイミングで東京で開催しても、

実際足を運んでいただくのは難しいと思います…。

そ・こ・で 。 ない頭で私考えました。

今夏、私の旧ファンクラブ「Jam Cherie×宇浦藩」会員様限定

ミニアコースティックライブ+飲み会を

開かせていただこうと思っています!!

場所は新宿になると思います!

日にちはまだ決定してませんが、7月か8月中で開きます!

写真展ではないですが…どうかな…?

みんなこれで許してくれる&来てくれるかなぁ。

まずは4/30-5/11に開催される益田太郎×浦彩恵子写真展、

夏の飲み会ライブ、どちらも楽しみに待っていただけると藩主嬉しいです…!

続報を待っていてください>>>

平成31年4月14日 URAN/浦 彩恵子

THIRTY!!!

4/1でついに30歳を迎えました!

with my husband 3/30
with BFF 3/31
with my girls 4/1

4/2は今週4/6にあるBAR URAN THIRTYライブリハでした!

10代後半に描いた詞をのせた久しぶりに歌う曲、

29歳にして初、全作詞作曲の書き下ろし曲、

スタジオでバンドメンバーと演っていく中で、

「あ、私って心の根っこ全然変わってないじゃん。」

と笑っちゃうほど歌詞の似通ったところに改めて気づきました。笑

もちろん歳を重ねるゆえの外見や内面の変化はあります。

自分で気づくこと、ヒトから気付かされること、あります。

人間ですからね。笑

そういう表面的じゃない心の軸みたいな部分を

ブレずに生きていきたいと昔からなぜか割と強く思っておりました。

「変わったね」って言われるのが昔はすごく嫌いでした。

「お前が私の何を知ってるんだよ」とか

「え。どういうこと?悪くなったってこと?」とか

心で思うけど言えなくて、自分を省みるけど結局よくわからなくて、

でもその言葉を引きずって過ごしてフラストレーション。

それが昔の私。

そういったことを思って書いた曲が

「ここじゃない場所で」「そのままで」

今は

「あなたは私の表面的なものしか見えないからそう思うのね。」と

自分としては気楽な諦観を持てるようになりましたし、

「え。どういうこと?」って直接聴けるようになりました。

むしろ「どこをどう見てどう感じて変わったって思ったの?」

と詰め寄りますね。納得したいから。笑

昔は生意気に思われるのがいやで言えなかったことも、

今はもうそう言われる歳でもないし、たとえ言われても気にしないし。

基本的に私は”人がヒトに何か評価や価値をつける”という行為が嫌いなのです。

なんともおこがましいことだと思うから。

評論家とか嫌いです。存在は認めますけどね。

もちろん好き嫌いや思想や信条は人それぞれありますからそれは良いんです。

それを人に押し付けたり変にアピールするようなことをしたくはない、ですね。

旦那には押し付けてますけど。笑(←ダメじゃん。)

と、だいぶ話が脱線してしまいましたが!要するに!

まったく別なる体験や経験から出てくる言葉たちなのですが、

昔の自分の歌詞に今の自分がハッとさせられたりして、

なんて音楽ってのはおもしろくて自由なのだろう、と改めて想いました。

今回の書き下ろし楽曲を聴いたBassのユースケが

「ウランのパーソナルなところが全面に出てるよねー」って言ってくれて

嬉し恥ずかしでした。笑

そんな久しぶりの新曲。タイトルは

 ”but”

です。バンドアレンジも最高の出来…!

どうぞお楽しみに…!

そして今回のバンドメンバーやばいです…!

ユースケも竹之内さんもルイくんも才能だだもれカッコ良過ぎる!!!!

あの曲がこんな素敵に?!みたいなことがいっぱい…!

素晴らしいPLAYERSに支えられ、歌います!

もう、ほんとに、心から見て、聴いて欲しいライブ!

チケット残りわずかです!

みなさまと4/6土曜日、お会いできるのを楽しみにしてます!!!!

平成31年 URAN

DUNK

千葉の実家で飼っていたミニチュアダックスフンドの

ダンクが先日、天国へと旅立ちました。


私が中学生の時から飼い始めて、

御歳17歳9ヶ月の大往生ワンコ様でした。

父と兄から日曜の朝に連絡があり、

ダンクの立派すぎる最期の最後お見送りしてきました。

大きな怪我や病気もせず、とっても長生きしてくれて、

本当に本当にありがとう、ダンク。

大先輩のダンクちゃん、天国でレオンといっぱい遊んであげてね。

いよいよ間近に迫ってまいりました、

4/6(sat)開催の[BAR URAN THIRTY] @ gigabar TOKYO

今回絶対に唄おうと決めていた

『LEON』という楽曲。(←レオンは私と同じ4/1生まれなんですよ)

ダンクへの想いものせて、

心を込めて、遠い空へ届くように、唄わなければ、ね。

2匹ちゃん仲良く聴いてくれるといいな。

2019年3月26日 浦 彩恵子

明日3/27(水) RADIOコメント出演決定。

詳しくはINFORMATIONページへ。

ウラン30 (←実はゴルゴ意識)

昨日SNSにてお知らせさせていただきましたが

改めましてこちらでもご案内させていただきます。

4/6(土)開催の{BAR URAN THIRTY}ですが、

「私の誕生日なんて別に興味ないっしょー」という浅はかな私の予想に反して、

ずっと応援してくださっている方々をはじめとして

友達、飲み仲間、音仲間、各方面から快いお返事をいただいており

つきましては会場の変更をさせていただきました。

新しい会場は、

gigabar TOKYO

という南青山にあるLIVE BARとなります。

既にご予約いただいた方々、大変申し訳ありませんが

何卒ご注意くださいますよう宜しくお願い致します。

変更のご案内メールも個別にお送りしましたが

何名様かメールが返ってきてしまいまして、

どうかSNSかこちらのHPで気づいていただけますよう開催まで

アナウンスをしっかりさせていただきたいと思います。

元々お願いしていたにも関わらず変更を嫌な顔せず了承していただいた

backstay Mishuku Tokyo」さんには

昨夜飲みに行ってオーナーさんに改めて平謝りしてきました…!

以前一度「Pillboard Ulive」という友達との企画ライブで

お世話になりましたこちらのbackstayさんも本当に素敵なところなので

またの機会にぜひ演らせていただきたい+

音好きの方々にはたまらない場所なのでオススメです…!

(↑ちなみにジントニックが人気みたいですよ!)

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、

4/6 来ていただくみなさまに最高に楽しんでもらえるよう、

バンドメンバー一同

手伝ってくれる友達(スペースクラフト時代の元マネちゃんや◯◯←素敵なイベント考え中)

gigabarのスタッフの方たちとしっかり作り上げていきますので

どうぞ楽しみにしていただけますと幸いです…!!

そしてここで!

最後のバンドメンバー発表!

On Guitar!!!!!! 竹之内一彌!!!!

https://factor.mad-phat.co.jp/staff/kazuya/

お初にお目にかかります!竹之内カズヤさん!

こちらもBassの笠原佑介の紹介でお願いして引き受けていただきました…!(持つべきものは酒飲み音好き兄ちゃんだ、ありがたし。)

上にリンク載せた竹之内さんのHPぜひ皆様にも飛んで

一読、一見していただきたいのですが…!

「狂気とラグジュアリーの間。」

「シティーボーイ、村育ち。」

はい、もう惚れた。一発KO。

この方にぜひ頼みたい!と秒で思いました。ユースケやるなー。笑

と、なんとも化学反応 / 相乗効果が楽しみ過ぎる…!な

バンドメンバーでお届けします!!

十年に一度しかBIRTHDAY LIVE EVENTはやらない、と

無駄に心に決めておりますので次回開催は40歳です。笑

この機会にぜひ!皆様のご来場、心よりお待ち申しております!

2019年3月7日 浦 彩恵子(URAN)

Drum roll…!

4/6(sat)に開催の私のバースデーライブイベント

[BAR URAN THIRTY]!!!

お待ちかね第2弾!お助けバンドマンの発表ー!

(Drumming)ダララララララララララ….

ダンッ!!

On Drums!! Louis!!

はい!もう私的に今回この人しかありえなかった!

ルイくんです!!!

Bass 笠原佑介の朋輩!

私も出演させてもらった去年7月末ユースケのLIVE EVENT

「BASSMAN」で私はルイくんに初めてお会いしまして、

この3人で音をお届けしたのです。

いやーーあれは楽しかった…!!

普段じゃぜーーっったい歌わないやつ歌わされたけど…!笑

(↑難しい曲だから自らは手を出さないというチキンハートでの歌わないやつです…。でもそういうジャンルの曲大好き!ってやつ(聴く方が笑))

でも歌えて本当に良かったと思える超かっこいい曲たち!

もの凄く楽しかったのがまず一番だし、

あとは自分が持ってる部分と足りない部分が浮き彫りになって

最高の勉強になりました!

ユースケ、むちゃぶり本当にありがとね。笑

この時はリハから飲み会から本番まで、最高な時間でした。

だってね…

ルイくんドラムプレイかっこいいんだもーん!

音作りのアイディア満載なんだもーん!

とても尊敬するミュージシャンの一人です。

なので絶対もう一度いっしょに演りたくて…!

年始、我が家に笠原佑介をお呼び立てし、

酒(これはユースケ持参の二斗樽の樽酒だけど)と

手料理(ほぼ酒のアテ)で今回のライブ出演オファーをして快い返事を貰って、

(↑彼は私の兄貴みたいなもんだから思ったより簡単にオチてくれる笑)

すぐその日に「実はさ、ドラムはルイくんがいいなって考えてるんだー」と相談したら、

Y「いいじゃん!もう今電話しちゃえよ!」と話が進み、

酔っ払った勢いで電話して、ルイくんも割とすぐ出てくれて、

「いいよーー」

って言ってくれたのでユースケと私ウラン、小躍り。(←我が旦那ただ眺めてた笑)

というトントン拍子で話が進み幸先もよく

今回のイベント大成功間違いなしだな、と一人ごちた夜でした。

というわけで!残るはあとギタリスト発表を残すのみ!

COMING SOON…!!

最高の布陣でお届けします、今回のライブ!楽しみにしていてください!

[BAR URAN THIRTY]チケット予約サイトはコチラ。

そしてそして。

三十路になる4/1 + 来るライブイベント4/6 に向けて、

20代最後となるアー写を、親友 taro に先日撮影してもらいました!

(↑私がフリーランスで活動するようになってからのアー写はほぼ全て彼に撮ってもらっています!)

友達だから撮ってもらえる表情感情、友達だから出せない表情感情、

taroとの撮影もまたいつも学ぶことばかりです。ありがとう!

なんやかんや1000枚(!!)くらい撮っててくれたみたいで

ただ今、選別から何から何まで(←無知w)拘ってやってくれています!

彼も妥協をしないアツくて適度にめんどくさくて

チャーミングでいい奴なんですよーー。

素敵で気のいい仲間たちや応援してくれる方々に支えられてるおかげで

私は日々楽しく生きていられるんだなーと実感しております。

みなさん、本当に本当にありがとう!!!!!

taroの写真の仕上がりも楽しみにしていてください!

2月最後の本日は生憎の雨ですが…春はもうすぐ!

春生まれなのでやっぱり春が好きです。

早くあったかくなるといいなぁー。

See ya soon!!

2019年2月28日 URAN with My new partner “MUDSKIPPER”

(↑春はこのfatty坊やと街を駆け巡りたい…!)